「黒しょうが」の歴史

黒しょうがは、原産国のタイではクラチャイダムと呼ばれてるハーブで、古くから服用されています。日本でもその効能に注目が高まっているハーブです。黒しょうがの歴史についてご紹介しています。

「黒しょうが」の歴史

黒しょうがの歴史について書いて行きたいと思います。

日本でその存在が知られたのは比較的最近で、今もっとも注目されているハーブと言われています。

そんな黒しょうがですが、原産の地であるタイにおいては1000年以上前から服用されていた歴史があるのです。

「タイ」という国になる前から黒しょうがは「クラチャイダム」としてその存在が知られて服用されていました。

古くから服用は続けられていましたが、科学的効果の検証が始まってからの歴史はあまり深くありません。

それでも近年の検証によって、有効成分について多くの事が明らかになっていますが、今後さらに多くの有効成分が確認される可能性もあると言えるでしょう。

当時から滋養強壮に効果があり、老化の防止にも効果があるとされていました。

滋養強壮の効果については別のページでも解説しているかと思いますが、老化防止の主な役割は視力に関わるものだったと考えられています。

黒しょうがは目に良いとされる有効成分アントシアンニンがブルーベリーの約3倍も含まれているといいます。

ブルーベリーが目に良いとされている事は有名ですよね。

黒しょうが(クラチャイダム)はそれと同等以上の効果があると言えるんです。

精力の増強

黒しょうが(クラチャイダム)の一番強力な効果と言えるのが「滋養強壮」効果です。

続けて服用することで精力の減退を抑えてくれる効果があります。

血流など循環が良くなる効果があることから勃起力の増強にも効果があり、男性機能を力強く回復してくれます。

育成の環境

黒しょうがはその性質から限られた環境でしか育つことがなく、極めて狭いエリアでのみ服用されていました。

それにより科学的な研究が進んでいなかったという背景があるんですが。

その背景には黒しょうがの気候への耐性の無さが挙げられるんです。

黒しょうがは熱帯気候ではないとうまく育つことがないために、日本国内では沖縄県でのみ栽培されています。

その様に限られた環境でしか育つ事ができないため、大変貴重なハーブであると言えます。

Copyright © 黒しょうがサプリメント講座 All Rights Reserved.