「黒しょうが」と沖縄

黒しょうがの原産国はタイですが、実は日本では沖縄で栽培しているのです。沖縄産の黒しょうがについてご紹介しています。

「黒しょうが」と沖縄

沖縄の画像

黒しょうがと沖縄には深い関係があります。

日本国内で黒しょうがを栽培しようとした場合、それを実現できるのは沖縄だけなんです。

黒しょうがはもともとタイでクラチャイダムと呼ばれているハーブで、熱帯気候でしか栽培する事ができないハーブなんです。

栽培が行われている沖縄県内ではまた別の呼び方があって、「黒ウコン」と呼ばれています。

なぜ黒ウコンと呼ばれているかと言えば、ウコンはショウガ科の多年草であり、広い意味で言うと同じ植物で、昔からウコン茶が広く飲まれていたり、ウコンに親しみがある土地柄である沖縄ではそう呼ばれるようになったと言われています。

沖縄の黒ウコン

沖縄県民に黒しょうがやクラチャイダムを知っているか?と聞くと知らないことが多いですが、黒ウコンを知っているかを聞くと、かなりの人が知っていて知名度であることが分かると思います。

黒ウコンと黒しょうが、呼び方が違うだけで成分的には同じものなんですが不思議なものです。

黒ウコンの使われ方は主にサプリメントとして消費されていて、女性の場合は血流を良くすることで冷え性対策やダイエットに効果があると言われています。

男性に期待出来る効果は滋養強壮になります。

血流を良くする事で現れる効果は勃起力の増強効果です。

短期的に効果が現れるバイアグラやレビトラなどの精力剤と違い、体の内部の勃起不全になっている原因を取り除くことで勃起力の減退を根本から解決してくれる効果に期待がもてます。

歳を重ねて精力の減退を感じている人にとってはとても嬉しい増強効果ですよね。

体の健康と精力増強の2つを同時にかなえてくれるのが「黒しょうが」の最大の魅力なんですね。

Copyright © 黒しょうがサプリメント講座 All Rights Reserved.