「黒しょうが」の成分

黒しょうがの成分は一般的な生姜とは違います。黒しょうがならではの魅力的な成分がふんだんに含まれているんです。サプリメントにも使われる健康成分をご紹介しています。

黒しょうがの成分

古来のタイでは黒しょうが(クラチャイダム)がなぜ体に良いのかは明らかになっていませんでした。

滋養強壮に効果があるのは言い伝えによるもので、実際に服用している人の健康状態の実績によって体によいものとして扱われてきていましたが、現在は研究が進んでいるためにどんな成分によって効果があるのかが明らかになってきています。

このページでは黒しょうがの有効成分について紹介していきたいと思います。

ポリフェノール ワインやチョコレートにも含まれている事で知られる成分です。 ポリフェノールとは光合成によって出来る成分で、5000種類もの成分の総称です。 黒しょうがにも、いくつかのポリフェノールが含まれています。 ポリフェノールは抗酸化作用があると言われています。
アントシアニン ブルーベリーに多く含まれることで知られますが、眼精疲労など疲労回復に良いと言われてます。 ちなみに黒しょうがにはブルーベリーの3倍程度のアントシアニンが含有されています。
クルクミン クルクミンはウコンに含まれる事で知られていて、肝機能を助けるポリフェノールの一種です。 カレーのスパイスであるターメリックに含まれている事が知られていて、肝機能を助けるという効果があり、2日酔いに効くドリンクの有効成分としても使用されています。
アルギニン アミノ酸の一つで精力剤の成分としても知られています。 成長ホルモンに作用する事が特徴ですが、もう一つの特徴が精子の製造と運動性を高める効果です。精力の減退に効果が期待できます。
グリシン グリシンはアミノ酢酸のことで、アミノ酸の一種になります。 睡眠の質を高めると言われていて、美肌効果やアンチエイジングに効果があるとされています。
セレニウム セレニウムはミネラル成分で、血流をよくする効果があるとされていて、ガンや心筋梗塞の予防に効果があり、女性ホルモンのバランスを整えたり、アンチエイジング効果があると言われています。
アピニゲン 精油や発汗作用に期待がもてる成分です。

様々な有効成分を含んでいる事が分かりますね。

トータル的に体質改善を改善し、さらに精力を高める効果がある事が分かると思います。男性にとってとても魅力的な効能があり、女性にとっても摂取するメリットが高い成分が多く含まれていることが分かります。

体に良いサプリメントを始めてみたい...

そう思い立ったらまずは「黒しょうが」を試してみるのは良い選択です。

おすすめ黒しょうがサプリはコチラ!

Copyright © 黒しょうがサプリメント講座 All Rights Reserved.