黒生姜を効率よく摂取

黒生姜、お茶やサプリメントなど幅広く活用されています。効率が良い摂取方法を知って有効に摂取しましょう。

黒生姜の摂取方法

「黒生姜(クラチャイダム)」がどのようにして使われているのかを見ていきたいと思います。

そこは発祥の地であるタイでの使われ方が気になるところですよね。

黒生姜は基本的に何かしらの加工をされて摂取されるのが一般的です。

日本でしょうがと言えばおろして薬味に使用したりする場合がありますが、黒生姜は生で食べるのに適しているハーブではないので基本的に乾燥をさせてから何かしらの加工を加えます。

根の部分に栄養があるために使用するのは根の部分のみとなり葉の部分は使用されません。

黒生姜のお茶

まず有名なのは黒生姜のお茶になります。

お茶は乾燥させた黒しょうがをスライスして、お湯で煮出してつくります。

濃度はとても濃いので体に良いのですが、味は独特な風味があります。

ハーブ茶として売っている黒生姜のお茶はクラチャイダム茶として売られている事が多いです。

その場合紅茶などお茶とブレンドされているために、比較的飲みやすくはなっていますが、クセがある苦味は多少残ってしまうようです。

黒生姜の薬用酒

黒生姜はお酒としても使われています。

薬用酒としてタイでは古来から重宝されてきていました。

作り方は簡単で、乾燥した黒生姜を焼酎に漬け込みます。

梅酒を作るときと同じなのですが、違いは砂糖を使用しない事。

梅酒の場合角砂糖と梅をホワイトリカーにつけ込むのが一般的ですが、黒生姜の場合は砂糖を使わずに漬け込みます。

2ヶ月程度つけ込むと飲み始める事が可能になります。

飲み方としては10mlの黒しょうが酒を200mlの水で薄めて飲まれます。

黒生姜のサプリメント

日本では一番一般的な摂取の仕方はサプリメントとして摂取される事かと思います。

国内産は「黒ウコン」と呼ばれ、タイを原産としている商品は「クラチャイダム」と呼ばれている事もあります。

「黒生姜」「黒ウコン」「クラチャイダム」は呼び方違いで、同じ植物の事を言っているので注意しましょう。

黒生姜のジュースをタイでは「クラチャイダムジュース」と言って黒生姜のジュースも飲まれています。残念ながら日本ではほとんど取り扱いが無いため、どれくらいの濃度でどういった製法なのかはっきりとしません。

これから日本にも輸入されてくれると良いですね。

粉末、錠剤、ドリンク等の形体でサプリメントがありますが、独特の苦味に抵抗を感じる方も多いと思います。

そこで特にオススメをしたい、効率が良い摂取方法というのが「カプセル状のクラチャイダムサプリ」です。

カプセルに包まれている為、黒生姜(クラチャイダム)特有の苦味を感じることなく摂取する事ができます。

Copyright © 黒しょうがサプリメント講座 All Rights Reserved.